【昭和感覚が損する】大副業時代の到来

どうもこんにちは。ワヲンです。

 

今回は、Webでビジネスやるってことは、

正直法人でも個人でもぶっちゃけ変わらないってことをお話したいと思います。

 

 

日本には、2017年くらいから大副業時代が到来しています。

政府が働き方改革なるものを打ち出してからというもの、

残業という働かせ方がほぼ禁止される方向に動いています。

 

 

しかし、それは一般的な会社員からすると、

これまでテキトーに残業することによって得られていた残業分の

賃金が削られるということなので、たまったもんじゃありません。

 

 

ただただ家にいても、電気代とかがかかるだけだし・・・

 

 

ということで、副業をする人が急増しています。

 

 

副業が増えた理由は先ほど挙げたものも含め、

 

  1. 給料が増えない(むしろ減った)
  2. 息をするだけで金がかかる
  3. 残業が減らされて時間が増えた

 

です。

 

従来、会社に新卒で入ったら定年まで(退職金を合わせたら死ぬまで)

面倒見てくれるのが当たり前でしたが、

今では、「とりあえず死なない程度に金あげるからあとは頑張れ」

的な立ち位置に会社がなってきています。

 

で、、、

 

そこで多くの人が選択するのが、Webを用いた副業です。

 

与沢翼さんとかが巻き起こした情報商材や高額塾ビジネスの波や、

最近ではビットコインなんかの仮想通貨で稼ぐ人も多いですね。

 

私もプロのWebマーケターとしてごはん食べているので、

よく、副業でWebのビジネスやりたいんだけど。。。

と相談されます。

 

 

よくある相談の内容が、

「オレお金もないんですけど、お金なんか稼ぐことできるんでしょうか。」

 

って感じのやつです。

 

 

はっきり言うと、お金はあったほうがいいけど、

Web周りで言えばなくても全然大丈夫です。

 

 

Webのビジネスは最近ではPCさえなくても、

スマホさえあればどうにかなります。

 

 

なんでかといえば、

Webのビジネスは仕入れも場所代もないからです。

 

 

Webのビジネスは全コストをカットしようと思えば、

 

無料ブログでコンテンツを作り続けて、

SNSで発信しながらファンを作り、

ファンができたところでその人たちが欲しいというものに

値段をつけて売ってあげる。

 

売るものは、あなたの書いた絵でも、文章でも、

時間でもいいです。

 

 

本気でやろうと思えば、

全部無料の状態でお金を発生させることができます。

 

だからこそ、法人だろが個人だろうが関係ないのです。

 

 

そんなこともあって、みんなWebで副業を始めるんだと思います。

 

linktr.ee