セッ●ス中の腰振りを忘れてまで読みたくなる文章

コピーライティング

どうもこんにちは。ワヲンです。

 

今回は、

セッ●スの途中でも、読み始めてしまうと最後まで読まずにはいられない・・・

 

そんな文章の書き方について、お話したいと思います。

 

具体的には、

 

【薬物で逮捕】上場企業の社長の話

 

こちらのお話の延長のお話になるので、

もし、まだ読まれていない場合にはこちらからどうぞ。

 

 

人は物語を疑えない

コピーライティングで重要なのは、

 

・読まない

・信じない

・行動しない

 

の3つの「ない」を超えて、

お客様に行動(購買など)を起こしてもらうことです。

 

 

その中で、信じないを超えるのはとても難しいです。

なぜかといえば、

 

論理的に説明しても、それがどれだけ正しくても、

疑いを持った人を説得することはできない

 

からです。

 

もともと、あなたのことを疑っている人は、

あなたが正論を言ったとしても「アラ」を探して、

否定しようとしてきます。

 

でも、それでもその人たちを超えなければならないのです。

 

 

そして、それを超えるテクニックが「物語」です。

 

人間は「物語」で話を進められると、疑いを持てなくなります。

 

なぜかといえば、

人間は「物語」を話されると、それを現実とは少し違う軸で理解するため、

「疑いを持つ」ということが基本的にできなくなってしまうからです。

 

 

必殺の神話ストーリー

 

物語で書きましょう!!とは言っても、

小説を書けばいいというわけではありません。

むしろ、小説まで細かくしてしまうと、長すぎて誰も読んではくれません。

 

しかし、決まっている「ストーリーフォーミュラ」と呼ばれる、

神話ストーリーという型にはめて書いてしまうと、

読み手が何をしていても次が気になるストーリーとなります。

 

そのストーリーフォーミュラとは、

 

①読み手と同じスタートライン

②現状を変えようと頑張る

失敗の連続

④突然の(人 or 解決策)出会い

⑤小さな成功が発生

⑥成功の連続

メソッド化(自分以外にも成功ができた等)

⑧次はあなたの番です

⑨これから先のTodo

 

上記が鉄板のストーリーフォーミュラです。

 

こうやって書いても、貴方は疑っていると思いますが、

LPなど、何か行動を起こしてほしいときに書く文章は、

だまされたと思って、上記の順番で書いてみてください。

 

驚くほど行動率が高まるのを感じられると思います。

 

 

最後に

こうやって、どんなものが良いと紹介しても、

結局あなたが行動を起こしてくれなければなにも変わりません。

 

まずは、だまされたと思ってでも無理やり行動してみましょう。

 

行動を起こしたうえで、もしくは0から指導してほしい場合には

ワヲンへご連絡ください。

 

linktr.ee