お客様はもういない

SNS

どうもこんにちは。ワヲンです。

 

「お客様はもういない」というお話をしたいと思います。

 

貴方のサービス、商品をとても良いと思ってくれる「お客様」

それはもうほとんどいなくなっています。

 

絶滅危惧種です。

 

お客様は「共創者」へ

一般的なビジネスな構図は、

 

提供者 ⇒ 享受者

 

これと、

 

告知者 ⇒ 被告知者

 

がイコールでした

 

昔は、提供する側が告知をし、

消費者が、その告知を受け取って消費をする。

 

その形がスタンダードでした。

 

しかし、現在はSNSが発達し、その形は死んでしまったのです。

 

でもその代わりに、

「共創者」としてのお客様が生まれています。

 

提供者だけではなく、消費者も告知をし、

さらなる消費者を連れてきて、その渦がどんどん大きくなっていく。

 

そういう世界になっています。

 

どこまで「共創者」の協力を得られるか

純粋な消費者がいなくなったことで、

ビジネスの提供者が考えなければならない最重要課題に、

「共創者とのコミュニケーション」があります。

 

商品を通じてどうやって共創者の協力を得られるのか。

 

どうしたら、協力してもらいやすいのか。

 

 

もっと簡単な言葉で言えば、

 

どういう形、どういう形式にすれば共創者がSNSでシェアしやすいのか。

 

を考えることが必要です。

 

いわゆるインスタ映えではありません。

 

どうしたら、良いをつぶやきやすいのか。

 

それをデザインすることが必要です。

 

今後のマーケティングには、

共創者コミュニケーションが絶対的に必要なのです。

 

 

貴方の商品を、サービスを買ってくれる人は、

あなたのビジネスパートナーです。

 

消費のその先にある工程を意識してコミュニケーションを作ってみましょう。

 

 

では、また。

 

linktr.ee