勝手にコピー書いてみた。 #川崎ブレイブサンダース 編

勝手にコピー書いてみた
どうもこんにちは。ワヲンです。
さて、Bリーグチームの勝手にコピーを書いてみた第2弾です。
今回は、Bリーグ初年度準優勝の川崎ブレイブサンダースです。
前身の東芝時代から国内のタイトルを数多く獲得した名門です。
大元の東芝が揺れているので、DeNAのチーム買収などのニュースも出ていますが、
チームが潰れない事を祈っています。
Bリーグ初年度は、リーグ戦最高勝率・全日本総合2位・Bリーグチャンピオンシップ準優勝と、Bリーグの最強チームであったにも関わらず、タイトルなしに終わったチームです。
では、コピーへ。

 
●惜しい。悔しい。では、終わらない。
 
Bリーグ初年度、リーグ戦では最高勝率を残して圧倒的な力をシーズン通して見せた川崎。
そしてリーグで唯一、日本一を決めるトーナメント2つで決勝まで行ったのですが、
タイトルを獲得する事ができませんでした。
「強い」その証明はできましたが、一番重要なタイトル獲得には至りませんでした。
川崎というチーム、そしてファンの中でも”惜しい”という気持ちや”悔しい”という気持ちで
溢れたはずです。
だからこそ、それで終わってはいけない。
さらなる高みへ。
そういう意味を込めて書いてみました。

神奈川県、川崎というスポーツのすごく盛んでかつ、
人口の多い都市で、首都東京にも近いチームなので、
Bリーグ発展の重要なチームになるはずです。
だからこそ、川崎には頑張ってほしいなと思います。
ワヲン