勝手にコピー書いてみた。 #富山グラウジーズ編

勝手にコピー書いてみた
どうもこんにちは。ワヲンです。
Bリーグチームのコピーを勝手に書いてみた。
勝手にシリーズ化してますが、今回は
「富山グラウジーズ」です。
富山グラウジーズは、
富山県及び北陸三県(富山県、石川県、福井県)で初めての
プロスポーツチームとして誕生しました。
1998年に「2000年とやま国体」を見据えた強化チームとして母体が発足。
当面の目標であった、「とやま国体」は地元チームとして優勝。
その後は、日本リーグ(JBL)参入を目指して強化を開始し、
全日本クラブ選手権優勝などの実績を残しています。
2005年からプロチーム化を本格的に見据え、
株式会社富山アトラスのバスケットボール部となり、
2006-2007シーズンからbjリーグ参入が確定し、晴れてプロスポーツチームとなりました。
その後、経営母体である芸能プロダクションアトラスプロモーションのビジネスが
マスコミによって問題視されるようになると経営が悪化し、「アトラス」が
チーム経営から撤退することが発表されました。
2007-08シーズンは、経営難による強化不足から、圧倒的な差での最下位を経験。
複数チームに全敗するなど、成功とはとても言えないシーズンを過ごしました。
Bリーグ初年度も、厳しいシーズンとなりましたが、
2017-18シーズン前のアーリーカップでは、東海・北陸の初代王者に輝きました。

●プロの厳しさをずっと味わってきた。

 それでも、bjでは2位まで這い上がった。

 さあ、これからは上に上がるだけだ。

SMLXL

 
富山グラウジーズのチームの歴史を見ると、
苦労に苦労を重ねて、我慢の上に今があるということがわかります。
北陸という地域は、中高のスポーツのレベルは高いのですが、
プロスポーツチームがなく、経営も非常に苦労したようです。
お金がないだけではなく、勝ちにもなかなか恵まれなかった。
でも、我慢して経営を続けていた結果、bjリーグ最終年では準優勝で終えることができた。
Bリーグ初年度は厳しいシーズンでしたが、bj時代と同じように、
下から這い上がる力があるチームであると信じていますので、
このようなコピーにさせてもらいました。

富山グラウジーズどうだったでしょうか。
もし、共感や面白いなこいつと感じてくださったら、
SNSでぜひつぶやいてください。
僕のサイトが広まることで、バスケ全体が盛り上がっていきます。
よろしくお願いします。
ワヲン