勝手にコピー書いてみた。 #シーホース三河編

勝手にコピー書いてみた
どうもこんにちは。ワヲンです。
少し時間が空いてしまいましたが、
勝手にコピー書いてみたBリーグ編を続けてやっていきたいとおもいます。
今回のテーマは、
「シーホース三河」です。
母体は、アイシン精機バスケットボール部。
21世紀に入り、数々の他チームの解体・統合・廃部が進み、
所属先がなくなってしまった選手を数多く受け入れたことで、
チームの黄金期が始まります。
平山譲氏のノンフィクション小説「ファイブ」の題材にもなりました。
黄金期では圧倒的な強さを誇り、獲得した全国タイトルは21回の超名門です。
Bリーグ初年度では、セミファイナルでギリギリのところで競り負け、
悔しい敗退となってしまいました。
それでは、コピーを書いてみたいと思います。

●伝統を証明したい。勝利を掴みたい。

シーホース三河SMLXL

 
シーホース三河の特徴は何と言っても、伝統でしょう。
チームカラーの「黒」の意味にも伝統が綴られています。
これから先もシーホース三河は強いチームであると思いますが、
その背景には21世紀最強の伝統があるということを証明できるようなコピーにしてみました。

これで、愛知県のチームが全て書き終わりました。
次からさらに西側のチームにいきたいと思います。
では、また。