勝手にコピー書いてみた。 #香川ファイブアローズ編

勝手にコピー書いてみた
どうもこんにちは。ワヲンです。
Bリーグもそろそろ順位がほぼ確定し始めてきて、
1年目よりも集客が上手くいっているチームが多いというニュースもあり、
少しずつ着実に成長している感じが着々と伝わってきています。
ただ、まだまだ赤字のクラブも多ければ
観客席には空席も多いため、もっと日本バスケが盛り上がるように、
本当に少しずつでもお手伝いが出来たらと思っています。
で、今回の勝手にコピー書いてみたのテーマは、
「香川ファイブアローズ」です。
2005年に2006-07シーズンよりbjリーグ参入承認が下り、
富山グラウジーズと同時にbjリーグへ加入。
設立当初のチーム名は、
「高松ファイブアローズ」でした。
既存チームのプロ化であった、富山グラウジーズとは違い、
完全な0からのチーム設立であったためシーズンスタート時は
連敗がありましたが、次第にチームケミストリーが出来上がり、
参入初年度から準優勝。
2008-09シーズンまでは毎年プレーオフに進出しましたが、
そこからbjリーグ最終年までは苦しいシーズンが続きました。
Bリーグ初年度はB2に参入となり、成績はいまいちに終わってしまいました。
シーズン途中に次年度のライセンス判定が行われ、B2ライセンスは交付されましたが、
ガバナンス改善という条件好きのため、球団社長が交代するという事態に陥りました。
球団の経営並びに、チームの成績の両方で輝きを取り戻すことが求められています。

 

 

●君の心に、この矢が届くまで。

SMLXL

 
「ファイブアローズ」の意味はチームホームページでは、
別のとらえられ方をされてますが、バスケ5人が放つ矢であると解釈しました。
そこから、その心が「あなた」の心に刺さるほど魅力的で衝撃的なプレーを
見せてほしいという期待と、届くまで諦めずに戦うというイメージで書かせていただきました。

ではまた。