勝手にコピー書いてみた。 #琉球ゴールデンキングス編

勝手にコピー書いてみた
さあ、勝手にコピー書いてみたのBリーグ編も、最後の1チームとなりました。
誰に強制されたわけでもなく、
日本のバスケ界をできるだけ盛り上げたいと思って、
ちっぽけな僕でも何かできることはないかと考え、
自分のコピーライターという一面も踏まえて、ここまでやってきました。
Twitterではチーム公式アカウントさんにいいねやRTいただいたりして、
どのチームのことを書いても少しは反応をもらえるようになりました。
もちろん、もともとのチームのブースター(ファン)の方が多いとは思うのですが、
少しは盛り上げることはできたのかな・・・とは思っています。
本当に微力ですが。
ただ、代表も含め日本のバスケはまだまだ発展途上です。
日本初のNBAプレーヤーはたった4試合で解雇され、
そこから未だ1人もその境地にたどり着いてもいません。
海外の大学で活躍する次世代のスター候補選手が出てきているのは事実ですが、
ただ、基盤となるのはやはり国内リーグです。
もっともっと盛りあがって、小中学生の憧れになれるように、
これからも応援しなければと思っています。
では、今回のテーマです。
今回は「琉球ゴールデンキングス」です。
琉球ゴールデンキングスは、
2006年にbjリーグに参入が決定したことによって誕生した、
沖縄県初のプロスポーツチームです。
参入初年度こそ、苦しい戦いとなったものの、
bjリーグ参戦から9シーズンで4度の優勝・1度の準優勝と
圧倒的な成績を収め、観客動員数でもbjリーグ内で存在感を放っていました。
そして、bjリーグ最後のチャンピオンでもあります。
Bリーグの開幕戦では、アルバルク東京に敗れはしたものの、
白熱した試合が全国へ中継され、日本バスケ界の新たな1ページを刻むチームとなりました。
bjリーグから参入したチームの中で、
NBL出身チームに対して対抗できる力を持ったチームとして、
Bリーグ全体でも注目されているチームです。

●王の遺伝子を次ぐ者。

SMLXL

 
ゴールデンキングスのチーム名の由来でもある、「琉球王国」
元々王国であった沖縄のチームであることと、最後のbjリーグのチャンピオンであること。
キングであり、チャンピオンであり、「王」であることから、
その遺伝子を次いでいるチームであり、チャンピオンにふさわしいチームであることなどから、こんなコピーにしてみました。

では。