集客にウルトラCはないと思った方がいい

Webマーケティング

「なんか即効性のある集客方法はないですか?」

 

これは、本当に多くのクライアントから聞かれるものです。

 

このことについて、今回はお話してみたいと思います。

 

f:id:wawon34:20180318130550j:plain

①ゴールは集客なのか

まず、このことについてお話する前に、考えないといけないのが、

「ゴールはなんなのか」です。

 

大抵のWebサービスは「集客 → 使ってもらう(買ってもらう)」

という流れになるはずです。

 

ということは、「使ってもらえる人をどれだけ集めるか」が

基本的には焦点にならなければいけません。

 

しかし、冒頭のような質問をしてくださる方というのは、

基本的にそこが抜け落ちてしまっています。

とりあえず人を集めたいと言っているのと一緒なのです。

 

気持ちはわからなくもありません。

 

見込み客数 × 成約率 = 単発的な売り上げ

 

ですから、見込み客を多くすればもちろん売り上げは上がります。

でも、ランダムで上手に集客できるほど甘くないのが今のWebです。

 

②即効性のある集客方法は基本的に1つ

現在のWebマーケティングの世界では、

基本的にオウンドメディア(SNSやブログなど)を育てていく方向性が

推奨されています。

※特にGoogleによって

 

以前までは、SEO対策として大量の被リンクを購入することで、

一気に集客をすることができましたが、現在はそれをやるとアウトです。

 

では、速攻で集客をするにはどうしたらいいのか。

その答えは基本的に1つしかありません。

 

「広告出稿」です。

 

SNSでも、Web広告でも、TVCMでも構いませんが、

基本的に出稿すればある程度大量のトラフィック増が見込めます。

 

しかし、広告出稿にはコストがかかってしまうことがネックです。

即効で集客したいと考えている裏には、売上がもう少し欲しいという、

課題感があると思いますので、広告費を捻出できるかは微妙ですよね。

 

もちろん、インフルエンサーにお願いしたりするのも一つですが、

基本的にお金がかかります。

お金をかけて宣伝してもらえば、広告になりますから、

結局広告しかないのです。

 

②自社メディアを育てる

集客増となれば、自社メディアを育てていった方が、

お金的なコストは少なく済みます。

 

もちろん、SEOやコンテンツの書き方、

SNSでのフォロワーの増やし方など、

専門知識が必要にはなりますが、トライ&エラーや勉強をしながら

実施していけば、金銭的なコストは必要ありません。

 

しかし、育てるのに時間がかかりますから、

即効性にはつながりません。

 

③完全なウルトラCを期待する

ウルトラCという言い方自体が、

古いので伝わりづらいかもしれませんが、

奥義!!や、他の人はできない奇跡的なことみたいな使い方をする言葉です。

 

集客の世界では、これはほとんど狙って起こせるものではありません。

 

おこることがあるとすれば、

インフルエンサーが自主的に紹介してくれること

くらいでしょうか。

 

当たり前ですが、インフルエンサーの投稿はすべてが広告ではありません。

 

彼らの個人的な発信のほうがメインのコンテンツになるのですが、

その中で、インフルエンサーが自主的に「良い」と思って

発信をしてくれることがあります。

 

それを期待するしかなくなってしまいますが、

最初にも述べたように基本的に、コントロールしてできるものではありません。

 

最後に

集客を強めたいのであれば、

短期的ではなく、基本的な施策の積み重ねをした方が圧倒的に強いです。

短期的に集めようとすると、怪しさを増してしまったり、

お客さんへのストレスをためるような結果になりがちです。

 

ウルトラCを求めるのではなく、

基本的なことをきちんと積み重ねるといいと思います。

 

では。

 

linktr.ee