あなたが生きづらいのはHSPだからかもしれない。

HSP
「やばい、私にとってこの世界は何か息が詰まる・・・」

 

こんなことを感じたことはありませんか?

 

「自分が直接怒られているわけではないのに、

誰かが怒られている場面に動悸がするほど恐怖を感じてしまう」

 

「どうして私はこんなにもいつもビクビクしているんだろう」

 

「どうしてみんなが楽しそうにしているところで辛くなってしまうんだろう」

 

などと、苦しい思いを今現在も抱えているかもしれません。

 

それはもしかしたら、あなたが「HSP」だからなのかもしれません。

HSPとはなにか?

 

HSPとは、 アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン氏が提唱した概念で、

Highly Sensitive Personの略、 「人一倍敏感な人」という意味です。

 

「人の感情や、自分の五感で感じる部分にとても敏感で、他人への気遣いやちょっとした気遣いに長けている」のですが、

その反面「圧倒的な刺激の多さ(刺激を多く受け取ってしまいすぎるため)に、多くの人の中にいるとすぐに疲れてしまう」といった特徴があります。

 

HSPの人は全人口の約20%程度、つまり5人に1人にそのような特徴が認められるのだそうです。

 

HSPは、子ども時代からそのような特徴を示すことが多く、

エレイン・N・アーロン氏は、子供時代をHSC(Highly Sensitive Child)と呼ぶ概念も提唱しています。

 

また、HSPはその「敏感性(周囲の物音がうるさく感じる、味覚、嗅覚が鋭い。服のチクチクした肌ざわりが苦手等々)」から、発達障害と勘違いされることが多いのですが、HSP自体は発達障害ではなく、「過敏性の人たち」ということです。

 

もしかしたら、これを読んでいるあなたも、

「自分は発達障害なんじゃ・・・」そう思ったこともあるかもしれません。

しかし、HSPと発達障害は異なるものと解釈されています。

 

最も大きな違いは、発達障がいの子どもは人の気持ちを感じ取るのが苦手なことが多いのに対して、HSPは、むしろ人の気持ちに気づきすぎるほど気づく点といわれます。

 

※もちろん、発達障害もHSPもグラデーションのある症状のため、HSPと発達障害の両方の方もいらっしゃいます。

 

感じる生きづらさの正体とは

このように、「他人よりも敏感である」という特徴のHSPですが、

その敏感な部分や度合いは人によって様々です。

 

あくまで、私(ワヲン)の場合にはなりますが、幼い頃から感じてきた敏感さをいくつか挙げてみたいと思います。

 

(1)女性の化粧品の匂いがきつい

私は小さなころから、「鼻がきく」人でした。

母が料理の途中でも、大抵のものは匂いで何を作っているのかわかりましたし、

2階で寝ていても、1階で父親が食べている柿ピーの匂いで起きてしまうということもありました。

 

そして、数ある匂いの中でも、私は女性の化粧品の匂いが苦手でした。

なんと表現したらいいのかわからないのですが、息の詰まるような感じがして、

とても不快に感じていました。

 

デパートの化粧品売り場のような匂いが混ざる場所はもちろんですが、

父が運転して、おめかしした母が乗っている車でも、

メイクした母から発せられる化粧品の匂いで、気持ち悪くなり吐いてしまうということもありました。

 

なぜ、僕はこんなにも匂いを敏感に感じてしまうんだろう、

みんなはなんでそんなに我慢ができるんだろうか、、、

と本気で悩むこともありました。

 

(2)怒りの空気に敏感

小学校のころから私は、バスケットボールをやっていたのですが、

バスケはチームスポーツのため、大勢のチームメイトで同じタイミングに練習をします。

そして、それをコーチが見ながら指示を与えたりするのですが当然怒られたりもします。

 

そんなとき、私は全く怒られていない場面でも、

その「怒りの空気感」を異常に感じてしまい、プレーが委縮してしまいました。

もちろん、教室内で担任の先生にクラスメイトが怒られているなどの、

バスケ以外の場面でも「怒りの空気」を感じてしまい、それに気を遣い過ぎてしまうのです。

 

そして、それはその場で終わるものではなく、

その日眠りにつくまで続くのです。

 

怒りの空気を感じ取った日は眠りにつくまで、ずっとビクビクしてしまうのです。

怒りを感じたタイミングの「背中がゾわっと」する感覚がずっと残ってしまうのです。

 

そんな日は決まって、なんでみんなはすぐに切り替えられるんだろう・・・

なんで僕はこんなに弱いのだろうか。と自分を否定してしまうのです。

 

(3)バスタオルへのこだわり

小さいころから、不快感を感じたのはバスタオルでした。

バスタオル自体が嫌だったわけではなく、新品のバスタオルがまだちゃんと水を吸わず、

先に拭いたところの水分が表面についたまま、別の場所を拭いた時のあのなんとも言えない部分に、

圧倒的な不快感を感じていました。

 

そのため、私の家では基本的に新品のタオルは親が使い、

私は使い古されたガビガビのものを使っていました。

 

そうでないと、気持ちの良いお風呂タイムが最悪なものになってしまったのです。

 

「他の人とは違う」に押しつぶされないために

他にもいろいろあるのですが、私は先述したような悩みをずっと抱え生きてきました。

そして、自分は人が耐えられることに耐えられない弱い人間なんだと言い聞かせ、

どうにか気合で不快感を乗り切ろうとしていたのです。

 

「みんな頑張っているんだから、自分も頑張らなきゃ」と。

 

そんな毎日を過ごしている中で、自分を感じている悩みを友人に伝えると、「気にし過ぎなんじゃない?」「考えすぎだろ」と半ばあきれられるように返されていました。

 

でも、僕が欲していたのは、

「そりゃ辛いよね」の一言でした。

 

まとめ

これを読んでいるあなたも、

もしかしたら周りから理解が得られず、「神経質だ」とか「変なやつだ」とか言われ、あきれられてしまった経験があるかもしれません。

 

しかし、それはあなたが弱いからではないのです。

 

どんな人にも得意不得意、好き嫌いがあるように、

HSPはそれが他人と別の方向で出てくるだけです。

 

そして何よりも、他人と違う感覚を持ち合わせるからこそ、

得意になることもあります。

このブログの中では、

そんなHSPの人におすすめな職業や生き方なども紹介していければと思っています。