HSP

もし、あなたの生きづらさがなくなったら何がしたいですか?

HSPの”生きづらい”がなくなったら、
あなたは何をしたいですか?

HSPの生きづらさ解消

そうやってあなたは考えたことがあるでしょうか。
もちろん、考えたことがない人もいるでしょう。

考えたことがある場合には、それがどんなものであるか、
具体的に思い浮かべてみてください。

もし、そんなこと考えたこともない!!!という場合には、
今考えてみましょう。。。

さあ、どうでしょうか。

 

・大好きな人とリゾート地でのんびり暮らすこと
・今まで難しかった仕事にチャレンジすること
・音楽ライブやフェスに行ってみたい

 

などなど、
何かしらは、やりたいことや過ごしたい環境なんかが
思い浮かびましたか?

 

それらすべてが、あなたが”やってみたいこと”です。

 

生きづらさを解消できたら。

 

果たして生きづらさを解消することなどできるのでしょうか。

 

はい。もちろん可能です。

 

1.生きづらさの根幹を知る

生きづらさの根幹

冒頭の書き出しで書いたように、
HSPでも生きづらさを解消することは可能です。

ただ、ひとつ間違ってはいけないのは、完全に取り除くことは不可能です。
なぜならば、HSP以外の人でさえ、生きづらさは感じるからです。

でも、私もHSPだからこそわかりますが、周りよりもHSPが敏感で、
生きづらさを感じていることはほぼ明らかでしょう。

 

このHSPとしての生きづらさを解消・軽減するにはまず、
「生きづらさ」の根本を理解することがとても重要です。

私(あなた)は何に対して生きづらさを感じているのでしょうか。

 

・人との距離感?
・雑踏から聞こえる大量の音?
・目に飛び込んでくる無数の光?
・ふと触れた服の感触・・・?

 

とHSPと一言で言っても、不快に思う部分は様々です。
中には、その場では全く問題ないけど、
後になってどっと疲れが押し寄せてくるなんていうタイプもいます。

 

自分は何がしんどいのか。
まずはそれを把握しなければなりません。

 

2.しんどいを回避する

過去にも記事で書きましたが、
しんどさ・生きづらさを解消するには、

HSPとしてしんどいと思うことを把握する

  ⇒HSPとしてしんどいことが起こらないようにする

 

です。

【参照記事】

不快感に正直になってみる【HSP】はじめに、貴方にお伝えしておきたいと思います。 この記事の内容は、あなたの「不快感」に向き合うことになる内容です。 ...
情報を遮断してみる【HSP】さて、この前に書かれた記事の内容は実践いただけましたでしょうか。 HSPである以上、何かしらに敏感になってしまうという特性...

イヤだと思うことが起こらないのですから、
不快感は下がるはずですよね。

 

3.どうしても変えにくいもの

ただ、そんなことは言っても変えにくいものが多いのも事実です。
例えば、住む場所や友達などはなかなか簡単に変えられるものではないと思います。

 

しかし、著名なコンサルタント大前研一氏が
こんな言葉を残しているのをあなたはご存知でしょうか。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目は付き合う人を変える。

 

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

とても有名な言葉です。

最後の一文がずっしりきますが、
人生を好転させようとする際には、上の3つのうちのどれかを変えなければならない
ということになります。

 

そこで、私が特におすすめなのは、

「仕事を変える」ことです。

 

HSPであると、刺激を少なくしたい気持ちから、
しんどいのにいろんなことを無意識に背負いこんでしまいます。
しかし、その生活を変えたいのであれば、先ほどの3つを変えなければならないのですが、

「仕事を変える」という選択肢をとると、
必然的にそれまでと時間の使い方が変わり、それまでと付き合う人が変わります。
もしかすると、引っ越しをして住む場所も変わるかもしれないのです。

新しい生活というものに慣れるまでが大変かもしれませんが、
転職が上手くいけば、確実に”生きづらさ”は激減します。

なぜならば、ベストセラーの「嫌われる勇気」にも書かれていたように、
人間の悩みの多くは”他人との関係性”だからです。

ということは、仕事を変えて強制的に付き合う人や環境が変われば、
悩んでいること(生きづらさ)にも少なからず影響が出てくるのです。

 

4.転職を有利に進めるには

転職を考えるときには、まず「どんな生活をしたいか」をイメージすることが、
非常に大切になってきます。

(※冒頭でイメージいただきましたね)

そこから逆算して、どんな条件ならOKなのかを考えて、
転職先を探すのがGOODです。

ただ、数十万社あるといわれる企業から好みの転職先を探すとなると、
非常に骨が折れる作業になるので、プロや転職専門サービスなどを使うことをお勧めします。

ですので、ここに何個かご紹介しておきます。

【キャリアアップ系】




資格取得のための講座が見放題で、転職にとても有利になります。


女性のキャリアアップ専門の資格取得講座です。
女性に特化しているため、安心できると思います。

 

おすすめIT系スキルup&転職系




スクール形式で、エンジニアに未経験からなることができます。


たった一か月でWeb系の専門職人材になることができ、
しかも転職先まで探してくれます。



以前の記事でも紹介した、未経験からエンジニアになれる、
イケイケのプログラミングスクールです。
サポートの質が群を抜いていると評判です。

HSPでも安心系



HSPは障害ではありませんが、障害者でも安心!
と謳っている転職サービスはとても安心できますよね。



こちらも、障害者でもOKな転職サービス。
登録は非常に簡単なので、とりあえずどれかに無料でカウンセリングを受けてみる。
というのも良いと思います。

 

最後に

仕事がすべてではありませんが、
HSPである私たちにとって、仕事はとても大きな壁だと思います。

その仕事をできるだけストレスなくこなすことができる環境が
作れれば、HSPとしての生きづらさも解消するはずです。

ABOUT ME
ワヲン
デジタルマーケター/HSP戦略家 元営業マンで、喋ると気を遣いすぎてしんどくなり自分を責めるように。 原因を調べる中で、HSPだと判明。 HSPの苦手分野を排除・得意分野特化によって、 しんどさを抑えつつも圧倒的な結果を残すことに成功。 【実績】 上場企業でBtoCマーケティングに従事し、 同企業の史上最高売上を1年半で10回以上更新。 同企業にてアプリインストールを昨年比200%成長に成功。 その後、マーケティング実績を買われ転職。 転職後半年で、B to B商材のお問い合わせを昨年対比900%成長に成功。 様々な価値観・視点に触れるのが大好き バスケ全国大会出場/読書年間約150冊