HSPで16Personalities診断やったら〇〇がエグかった

HSP

 

どうもこんにちは。ワヲンです。

 

今回のお話は、

質問箱である方から下記のようなアンケートのご希望をいただいたことで、始まります。

(ある方は判明していますが、一応伏せておきます)

 

 

基本Twitterのアンケート機能で、

質問をフォロワーの皆さんに投げかけるので、

4つ以上の選択項目のものは基本お断りするのですが、

僕自身も結構気になるものでもあったので、

無理矢理4つの選択肢のアンケートを4つつなげて、

 

僕のフォロワーさん(多くがHSP)の

16Personalitiesの割合を調査してみることにしました。

 

※そもそも16Personalitiesって何?という方は、こちら

https://www.16personalities.com/ja/%E6%80%A7%E6%A0%BC%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

 

で、実際に僕がフォロワーさんに投げかけた

アンケートがこちらになります。

 

HSPに16Personalitiesのアンケートをとってみた

 

はい。

無理矢理4つのアンケートを繫げているので、

割合が分かりづらいですが、

 

とりあえず、全体のお話をしますと、

アンケートにご協力いただいた人数が153人。

 

統計的な言い方をすれば、n=153になります。

まあ、信憑性としては結構ブレが生じるレベルだと思うのですが、

個人のレベルでは結構な数集められたので、こちらで見ていきましょう。

 

これを、全体の母数に戻して、

日本の一般的な割合とされている数値と比較した表がこちらです。




 

HSPと日本の一般的な16Personalitiesの割合比較

 

ここで言う、一般(日本)の割合については、

http://xn--rck1ae0dua7lwa.com/blog/2016/11/02/16personalities/

こちらのサイトから拝借させていただきました。

 

実際の16personalities診断は、アルファベット4文字の識別の後に、

TもしくはAがついて、実際には32種類に分かれますが、

今回は僕がとったアンケートに合わせるため、

上記サイトの数値を、16種類になるように戻して計算しています。

 

各項目をもう少し細かく見てみましょう。

 

HSPの16Personalitiesを4つに分けてみてみる

16Personalitiesは大きく分けて、4つのグループに分かれています。

これは、公式サイトにも載っているものなので、

正式に4つのグループに分けられていると言っていいものだと思います。

 

この分類で細かく見てみましょう

 

分析家

 

分析家というグループの通り、

思考力が高いとされているグループになります。

 

論理的・職人気質というのが当てはまるようなグループになります。

 

このグループに関しては、大きく世間一般と差異のある部分は

ほとんどないように見受けられます。

 

ただ、HSPが争いを避けることが多いことから、

討論者(ENTP)がいないことは納得できます。

 

外交官

外交官と呼ばれるグループで、

基本的に人間的な関わりを非常に重視するタイプになります。

 

このグループが一番特徴が強く出ていて、

特に提唱者・仲介者に関しては、世間的な割合とは大きな乖離があります。

 

公式サイト内の各タイプの説明を読んでいただければ、

ご納得いただけるかと思いますが、この二つのパーソナリティは、

ほぼHSPそのものです。

 

もちろん、これではなくてHSPの人も多く存在しますが、

HSPと言われて真っ先にイメージされるのはこういった方々だと思われます。

 

この結果も納得です。




 

番人

 

番人と呼ばれるこのグループは、

物事を見守りながらも、何かあった場合にはサポートするという性質があります。

 

HSPは、この中で擁護者が少し強く傾向として出ましたが、

完全に管理しようとするような管理者や、

権力的な形になりやすい幹部・領事官は低い傾向になりました。

 

とてもHSPらしい結果だと思われます。

 

献身的な尽くし方をする方がHSPに多いことの裏付けに思います。

 

探検家

 

探検家というこちらのグループは、

簡単に言えば、チャレンジャーのグループになります。

 

結果としては、外交官と真逆の特徴が出てきており、

HSPがリスクを嫌っていることが表れているかと思います。

 

日本人の10%いるはずの巨匠がHSPへのアンケートでは0%。

アンケート結果では0人です。

 

もちろん、母数を増やせば出てくるでしょうが、

傾向としては相当少ないことがわかります。

 

まとめ

どうでしたでしょうか。

HSPの16personalitiesの割合には、

結構びっくりするほどの偏りが見られましたね。

 

簡単にまとめると、

  • 分析家グループに大きな特徴ある傾向はない
  • 外交官グループが異様に多い
  • 番人グループはグループ内での偏りがある
  • 探検家グループは異様に少ない

 

となって、

トップ3を並べると

  1. 仲介者(INFP) 30.7%
  2. 提唱者(INFJ) 26.4%
  3. 擁護者(ISFJ) 18.9%

 

ワースト3を並べると、

  1. 討論者(ENTP) 0.0%
  2. 幹部(ESTJ) 0.0%
  3. 巨匠(ISTP) 0.0%

となりました。

 

HSPにある程度限定して、

こういった調査をしている人がいないので、

結構面白い結果になったのではと思っています。

 

良ければご参考までに。

 

 

ちなみに

この記事を書いているワヲンは、

論理学者(INTP)になります。非常に当たっていると思っています。

 

※この記事の各パーソナリティの画像は、

https://www.16personalities.com/ja/%E6%80%A7%E6%A0%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97

からの出典となります。