Gカップの美人OLと一緒に学ぶマーケティング

Webマーケティング

 

どうもこんにちは。ワヲンです。

 

Webマーケティングってのは、最近できた分野で、

王道の形がまだまだ確立しきれていない分野です。

 

だからこそ、僕みたいなWeb集客の専門家みたいなやつが少ないので、

みんな迷って間違えてしまいます・・・。

 

そんな分野を今日一緒に学んでくれる女性を紹介します・・・

 

 

f:id:wawon34:20180128002049j:plain

 

 

 

 

 

 

 

早速、謝らなければならないことがあります。

 

 

すみません。

 

 

謝らなければならないことがあります。

 

この記事に「Gカップの美人OL」は出てきません。

 

 

最初の5.6行がSNSやブログのプレビューで読めてしまうので、

仕方なく、タイトルと冒頭だけ嘘つきました。

 

しかし、なんであなたはこの記事を開いてしまったのでしょう。

 

それは、あなたが「エロ」を期待したからなんです。

 

人間の3大欲求の1つの「エロ」というのは非常に大きな力を持っていて、

それはマーケティングの世界でも存分に発揮できます。

 

ものすごく簡単に言えば、男はバカなのです。

 

「エロ」のキーワードを入れるとすぐに寄ってきます。

 

もちろん、エロすぎるとコンプライアンスに引っかかったり、

SNSとかでアカウントが凍結されたりするんですが、

セーフなラインを守るのであれば、

 

「かなりの確率で」クリック率を高めることができます。

 

自分の行動を俯瞰できるようになると、

Webマーケティングの施策が成功しやすくなっていきます。

 

僕も含め、男は総じて「性欲の奴隷」に近いので、

「巨乳」とか「アイドル」とか書かれてしまうと、無意識にクリックしちゃうんですよね。

 

経験上、「エロ」のエッセンスの入った広告のクリック率は大抵高くなります。

しかも結構な跳ね方をします。

 

 

もちろん、クリック課金方式の広告ですと必要な広告費が増えてしまいますが、

インプレッション単価やSNSで発信する場合などは、クリックされればされるほどお得ですよね。

 

 

広告の課金方式や方向性によって、施策の方法を変えてみましょう。

 

※ちなみに、広告のバナー素材は「ぱくたそ」なんかのフリー素材を使うとよいです。

 

それではまた。

 

↓ワヲンの他媒体はこちら↓

linktr.ee