HSPはバーナム効果?生きづらさを感じる先天的な気質について

HSP

どうもこんにちは。ワヲンです。

些細なことに気がついたり、感受性が高く、他の人が気にしないような刺激に敏感になり、体調まで崩しがちなHSP(Highly sensitive person)が、最近はテレビやネットニュースでも紹介され、話題になっています。

しかし、一部の人からは、バーナム効果であって、単なる甘えなんじゃないかという声も挙がっています。

今回は、HSPという気質についての再認識と、バーナム効果かどうか、
バーナム効果であったとしたらどうなのかということについて、記事を書かせていただきます。

そもそもHSPとは?

そもそもHSP(Highly sensitive person)とはなんなのでしょうか?

この記事に辿り着いたあなたは、すでにご存知である可能性は高いですが、
一応復習としてここに記載します。
※必要のない方は飛ばしてください。

wikipediaから引用します。

生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性)を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person’s Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。

wikipedia:ハイリー・センシティブ・パーソン

上記の文章だと少し、堅いのでもう少し噛み砕いて説明します。


生まれつきの特性(特徴)

HSPは後天的なものではなく、生得的(生まれつき)の特徴・特性とされています。

意外とこの部分が大切で、いわゆる病気や精神的ダメージによって引き起こされるものではないということです。

また、医学的なものではなく、心理学上の概念となるので、お医者さんに話を聞いても、医学的に何か直せるということにはならないはずです。

刺激に反応しやすい(敏感)

簡単に言えば、HSPではない人と比べて、光や音、匂いや周囲の環境という刺激に強く反応し、敏感であることがHSPの一番大きな特徴です。

ただ、どんな刺激に対して敏感なのかというのは、人それぞれであり、敏感な度合いも個人個人違うため、HSPという一括りでも大きく違いが出ることが多々あります。

HSPを正しく理解するため、4つ特徴の頭文字をとった「DOES」という概念が知られています。

英語でもあり、一つずつが深い概念になるので、ここでは割愛させていただきます。
詳しく知りたい方は、こちらをクリックして、wikipediaの記事を読んでみてください。

バーナム効果とは?

HSPがバーナム効果なのではないかと言われているのですが、
「バーナム効果」とはなんなのでしょうか?

とても簡単に言えば、誰にでも当てはまりそうな特徴を示す記述を、自分や自分が属する特定の特徴をもつ集団だけに当てはまる性格だと捉えてしまうことです。

バーナム効果は、その研究をした人の名前から「フォアラー効果」とも呼ばれています。

回答がとても曖昧な占いなどで良くみられる傾向ではあります。


HSPはバーナム効果なのか

さて、ここからが本題ですが、「HSPはバーナム効果なのか」という部分について、
HSPの特徴とバーナム効果の特徴を合わせて、僕の見解を記載させていただきます。

本当はバーナム効果ではないはず

HSPは、生得的特徴(生まれつき)なため、バーナム効果ではないと言えます。

バーナム効果はそれっぽいことが当てはまるように感じることであり、
根本的に交わることがないような特徴だからです。

HSPという概念自体が、バーナム効果で認識されているということは、
根本としては間違っているでしょう。

バーナム効果ではないとも言い切れない

しかし、HSPは医学的なものでもなく、心理学上の概念であり、
チェックリストも少し曖昧な表現が混じっているため、バーナム効果が全くないとは言い切れないのが現実かと思います。

また、バーナム効果とは少し離れますが、基本的には、HSPは生得的特徴なので、チェックリストの内容は人生全般の経験を踏まえて回答されるべきですが、実際には回答する方の直近の出来事や心理状況に大きく影響されることは否定できません。

良くないことが起こってすぐに回答をすれば、その回答の内容はネガティブなものに引っ張られるでしょう。また、チェックリストの質問文の曖昧な部分の解釈も少し変わってくるかもしれません。

心理学上の概念であり、解釈が回答者に委ねられているのでバーナム効果は100%否定することは難しいと思います。
特にHSPの重度が低い人は、バーナム効果の部分が否定できない可能性が高いかなとは思います。

HSPがバーナム効果だとしたら何なのか

では、HSPがバーナム効果だとしたら何だというのでしょうか。

というのも、HSPの方がHSPだと自覚するのは、
そもそも「生きづらさ」を感じているからであることが殆どで、
生きづらさの根拠をHSPに求めているような形であると思います。

ということは、
「HSP」という概念に当てはまるかどうか、
それがバーナム効果であるかどうかということよりも、
「生きづらさを解消するためにはどうしたらいいのか」
の方が重要なはずです。

ですので、
「HSPに当てはまることがバーナム効果かどうかを気にする必要はない」
ということです。

もちろん、
HSPじゃなく発達障害だったみたいなこともあるとは思いますが、
生きづらさ解消の方法には被っている部分もあると思いますし、
発達障害のような医学的なものに関しては、医者に診断してもらえなければわかりません。

ですので、HSPだと思ったら、HSPが生きづらさを解消するための方法をやってみればいいと思います。もし、うまくいかなければHSPではないのかもしれません。
そうなれば、他の生きづらさの理由を見つけなければなりませんが、HSPではなかったということがわかるだけなのではないかと思います。

まとめ

HSPがバーナム効果かどうかということについて、まとめさせていただきました。

正直な話、HSPはチェックリストだけで基本は自己診断を行うので、
バーナム効果が少し入ってくることは否定できないと思います。
(チェックリストはそこまで曖昧な表現ではないとは思いますが)

ただ、大切なことは、生きづらさ解消に向けて何ができるかだと思うので、
HSPを自覚したのであれば、そこまで気にせずに生きづらさ解消に向けた行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。